丹後・但馬の情報サイト。イベント・中古車情報・特売・温泉・求人・お店などの情報満載!!


宇川温泉 よし野の里
名   称 宇川温泉 よし野の里
泉   質 アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
効   能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、慢性消化器病他
料   金 大人600円(中学生以上) 小人400円(3歳~小学生以下) 2才以下は無料
営業時間 AM11:00~PM9:00
休館日 木曜日(祝日・祝前日は営業) ※夏休み、年末年始などの特定期間は無休です。(要問合せ)
住   所 京都府京丹後市丹後町久僧1562
お問合せ TEL.0772-76-1000

丹後半島の先のほう、ほとんど経ヶ岬に近い所にある、宇川温泉よし野の里。
空気がきれいで、海にも山にも恵まれているので、府外から宿泊やキャンプに訪れる人もたくさんいます。

近くはよく通るし、ここのレストランは来たことがあるのですが、温泉は今回がはじめて。
建物に入ると、ツタ?で作られた、センスのいい家具が並んでいます。


 

お風呂は、「山の温泉 香具夜」と「海の温泉 竜宮」の二つが、男女で日替わり。
この日は女湯が「香具夜」でした。
高い天井のガラス張りのお風呂から、一面緑の大自然が目の前に飛び込んできて、すごく爽快。
露天に出れば、マイナスイオンを体全体で浴びる・・・そんな気分でした。

後で聞くと、「竜宮」は目の前が日本海の大海原だったそうで・・・それもちょっと(かなり)羨ましかった・・・。
ちなみに私達が見た目の前の森は竹林で、だから「香具夜(かぐや)」だったんだと、後で気付きました。

ここでの新発見は、「露天シャワー」があったこと。そう、洗い場が、外にもあるのです!
これは初めて体験しました。シャワーから開放感があるというのは、かなり気持ちがいいです。
それから、「あつ湯」と「ぬる湯」があったので、子供も安心して入ることができました。
広~い露天風呂には、何やら虫取り網があり、その横には木の看板・・・。読んでみると、
「虫さんも、葉っぱさんも、温泉が大好きです。そっとすくってにがしてあげて下さい」
・・・なるほど、遊び心が効いていて、微笑ましいですね
(本当は写真が撮りたかったのですが、さすがに公衆のお風呂にカメラは厳禁)。

ちなみにここはサウナと水風呂も外側にあり、プールのような広い水風呂は、子供のお気に入りでした。


 

余談ですが、我が家がいつも気になるのは、宇川温泉に入る道の、この押しボタン・・・


いつ見ても「長っ!!!」と叫んでしまいます・・・


※2012年の記事です。変更や改装などで、現在とは異なる場合があります。また、男湯・女湯によって設備が異なります。
記述はあくまで筆者の個人的な感想ですので、参考程度にご覧下さい。


>>温泉一覧に戻る
空白スペース

空白スペース

ホームにもどるこのページの一番上へこのサイトについて掲載店募集サイトマップお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー