丹後・但馬の情報サイト。イベント・中古車情報・特売・温泉・求人・お店などの情報満載!!


リフレッシュパークゆむら
名   称 リフレッシュパークゆむら
泉   質 低張性・中性高温泉(ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物硫酸塩泉
料   金 【大人】1100円【小中学生65才以上】550円
※3歳以上で一人200円
営業時間 6:00~23:00(受付は22:00まで)
※第3水曜は点検日のため17:00~23:00
冬期間(1月~2月末) 7:00~23:00
休館日 毎週木曜日(祝祭日・春・夏・冬休みは無休)
住   所兵庫県美方郡新温泉町湯1371
お問合せ Tel:0796-92-2002 

ここの何が楽しみかというと、25mの温水プールがあること。
プール自体は、「静の里」や「クアハウス岩滝」にもあるんですが、
静の里は温泉とプールが離れてて、着替えないと行き来できないし、クアハウスはプールが別料金で、露天風呂がない。
ここは水着着用なら家族でプールも露天風呂も楽しめる、それが魅力なんです。(水着はレンタルもできます)
幼児用の浅いプールもあるので、小さな子供連れでも安心。



実際に行ってみると、プール以上に露天風呂がすごかった! 
山の壁面に、豪快に点々と並ぶ露天風呂
階段を上がると、まず見えるのが「滝風呂」! その奥には、なんと「洞窟風呂」! さらに「酒樽風呂」と、
とにかく自然の地形をそのまま使って風呂にしてしまっている、そんな感じです。
しかも山の壁面だから、見晴らし抜群!!! 

 

内湯に入っている時、娘が「湯が熱い」と言うので私も入ると、確かにちょっと高め。
湯村温泉の湧湯は98度もあるそうで、それを利用した温泉卵が名物になっているくらいなので、それはそれでアリかな。
でも露天風呂はそれほど熱くなく、適温でした。
そういえば内湯の入口横に温泉が飲める蛇口があったけど、さすがに熱湯で、すぐには飲めませんでした。



中で使ったボディソープがすごい泡立ちよくて、気持ちよかったのが印象的でした。
外に出ると足湯ならぬ「手湯」もあり、その横には但馬牛のおいしそうなレストランもありました。
今回は時間がなく、それは次回のお楽しみで。  

とにかく男女一緒にプールや露天風呂が楽しめるので、ファミリーやカップルにおすすめ。
遊園地やレジャー施設に行く感覚で、たまにはこんな遊び方もいいですよ(^-^


※2012年の記事です。変更や改装などで、現在とは異なる場合があります。また、男湯・女湯によって設備が異なります。
記述はあくまで筆者の個人的な感想ですので、参考程度にご覧下さい。


>>温泉一覧に戻る
空白スペース

空白スペース

ホームにもどるこのページの一番上へこのサイトについて掲載店募集サイトマップお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー