丹後・但馬の情報サイト。イベント・中古車情報・特売・温泉・求人・お店などの情報満載!!


リフレかやの里
名   称 リフレかやの里
泉   質  
料   金 大人500円(中学生以上)子供300円(小学生)1歳以上6歳未満200円
営業時間 正午から午後10時まで
休館日 毎週水曜日
住   所 京都府与謝郡与謝野町字金屋1730番地
お問合せ TEL:0772-43-1730 FAX:0772-43-1733

 

営業を再開してから初めて行ってきました! 休業する以前はハーブの温泉やハーブを使った料理が好きで何度か足を運びました。今はお昼のバイキングが人気のようですね。

入り口でまず目に付いたのが、「今週のハーブ湯はローズマリー」の看板。

 

子供達は「来週のヨモギがよかった~」なんて言ってましたが、いろいろ楽しみがあってうれしいです。
受付で渡される鍵は、下駄箱と更衣室で共通で使う鍵。なるほど、鍵を何個も持たなくていいので効率的です。

下駄箱の向こうには広い休憩室があって、家族の待ち合わせにも便利。 


 

お風呂に入った印象は、まず、きれい! 営業再開を機に改築したんでしょうか?内装も、洗面器も、椅子も、すごくきれいで清潔感がありました。

お楽しみのハーブの湯は、でっかい袋にたっぷり入ったローズマリーのお湯。「なんか自分もダシになった気分だね」とか言いながら、いい香りを楽しみました。そして角の小さな湯船は、「シルクの湯」。シルクパウダーの入ったお湯は真っ白で、とろっとして、いかにもお肌スベスベになれそうでした。もう一つは大きな内湯で、端にはジェットバス。ジェットの泡がなかなかの威力(?)で、よく効きました(笑)。
そしてもう一つのお楽しみは、「ミストサウナ」。40度の適温なので、サウナの苦手な私も快適でした。

ただ唯一、残念なのは、露天風呂がないこと…。外につながるドアもあって、外にも出られるのに、お風呂はありませんでした…(泣)。

 

お風呂を上がると、子供達お楽しみの自動販売機。

なんとリフレのオリジナルジュースもラインナップされていました。

お土産コーナーの前には薪ストーブもあって、近頃火を見ることもなくなった子供達は、興味津々。

火の温かさを実感していた様子でした。

 


※2012年の記事です。変更や改装などで、現在とは異なる場合があります。また、男湯・女湯によって設備が異なります。
記述はあくまで筆者の個人的な感想ですので、参考程度にご覧下さい。


>>温泉一覧に戻る
空白スペース

空白スペース

ホームにもどるこのページの一番上へこのサイトについて掲載店募集サイトマップお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー