丹後・但馬の情報サイト。イベント・中古車情報・特売・温泉・求人・お店などの情報満載!!


久美浜温泉湯元館
名   称 久美浜温泉湯元館
泉   質 ・第一源泉(高温)カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
・第二源泉(低温)ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
効   能 神経痛 筋肉痛 関節痛 五十肩 運動麻痺 関節のこわばり うちみ くじき 慢性消化器病 痔疾 冷え性 病後回復期 疲労回復 健康増進 きりきず やけど 慢性皮膚病 動脈硬化症 虚弱児童 慢性婦人病
料   金 中学生以上 600円 小学生以下 200円
営業時間 08:00~21:00
休館日 無休
住   所京都府京丹後市久美浜町平田1106-4
お問合せ 電話0772-83-1071 fax 0772-83-1307

久美浜に、昔からたたずむ温泉。いつも通るたびにたくさんの車が停まっていて、気になる場所でした。
中に入ると、温泉の他に、レストランや宿泊施設も。
家族連れから常連の友達連れまで、幅広い客層でした。


 

 温泉は、源泉かけ流し。熱いお湯とぬるいお湯を混ぜている、とのことで、
「内湯は熱めなので、露天で慣らしてからお入りください」との注意書き。
娘が初めに内湯に入ると、すぐに露天に飛び出していきました。
私もその後入りましたが、確かに少し高めかな?という印象。熱めのお湯が好みの方には、ちょうどいいと思います。

露天に出ると、目に付くのが高い滝。落ちてくるのは、もちろん温泉。なかなか壮観です
(男風呂はもう少し高低差が低かったらしいですが)。
露天風呂は、今まで見た中で1,2を争う広さでした。なんでも100人が同時に入浴できるとか。
水も透明度が高くきれいで、広くて、気持ちよかったです。

ふと横を見ると、露天にもうひとつ、小さい湯船。

よく見ると薬草の袋が入っていて、この日は「桂皮」のお風呂でした。
一緒に入っていた方の話だと、日によってヨモギやハーブなど、いろいろ種類があるそうです。


 

後で聞いたのですが、男風呂には巨大な石像があったとか。


杖を持っていて、カーネルサンダース・・・ではないけれど、そんな感じだったと。
帰って調べたら、なんと、大阪の「くいだおれ」の創始者(山田六郎氏)!!
その人が、この久美浜温泉を掘り当てた創始者でもあるんだそうで・・・・。
もしかしたら、この像もくいだおれ人形のように人気者になっていた可能性も・・・・!? 
なんて想像してしまうのでした。


※2012年の記事です。変更や改装などで、現在とは異なる場合があります。また、男湯・女湯によって設備が異なります。
記述はあくまで筆者の個人的な感想ですので、参考程度にご覧下さい。


>>温泉一覧に戻る
空白スペース

空白スペース

ホームにもどるこのページの一番上へこのサイトについて掲載店募集サイトマップお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー