丹後・但馬の情報サイト。イベント・中古車情報・特売・温泉・求人・お店などの情報満載!!


はしうど荘
名   称 はしうど荘
泉   質 ナトリウム・カルシウム硫酸塩泉
効   能 神経痛・関節痛/動脈硬化/肩こり・関節のこわばり/冷え性/打ち身・捻挫/やけど・切り傷/慢性皮膚病・消化器病/運動麻痺/病後・疲労による体力の回復/他
料   金 大人:500円  小人(3歳以上~小学生まで):200円  2歳以下:無料
営業時間 平日 16:00~22:00 最終受付 21:30
土日祝・夏休み期間 11:00~22:00 最終受付 21:30
休館日 第2・第4火曜日※ただし、8月は無休
住   所 京丹後市丹後町間人(たいざ)632-1
お問合せ TEL 0772-75-2212

 

京丹後方面から間人(たいざ)の海を目指していくと、突き当たりにある「はしうど荘」。
周辺は日本海の絶景が広がり、道の駅「テンキテンキ丹後」にも近いので、
温泉以外にも楽しむ場所はいろいろあります。

 

海沿いで、いつも車がいっぱいとまっています。
でも私は中に入るのは初めて・・・
入ってみると、中は意外と広い。待合室も広いし自販機も充実していました。


お風呂はサウナ、水風呂、内湯、露天が一つずつ。
シャワーが不安定だったりしてちょっと設備が古い部分も伺えましたが、清潔感があってこざっぱりしている印象でした。

しかし!!!!
ここの何よりのよさは、海沿いの絶景露天風呂!!!!!

・・・・・のはずが、残念ながら垣根に阻まれて女風呂からは見えず( ̄▽ ̄;)!!
後で聞いたら男湯は思いっきり海が丸見えで、イカ釣り漁船の灯りも見えてすごく景色が良かったとのこと。

入り口には誰でも掲示できる掲示板があったり、全体的にほのぼのした雰囲気。
数年前にユースホステルとして改装したらしいですが、
日本海の絶景が見られるこの位置のユースホステルは、泊まる価値あると思います。

海水浴の後のひと風呂にもおすすめです。

【余談】ちなみに「はしうど」は、聖徳太子の母の名前、間人皇后から。
「間人」は、「はしひと」または「はしうど」と読みます。
これが地名になると「間人」で「たいざ」と読むから、非常にややこしい。
なんでも、訪れた間人皇后がこの地を去る際、名前を地名として贈ったものを
地元の人が「恐れ多くて呼び捨てにできない」と
皇后が「退座」されたことにちなんで「たいざ」と読むようになったという説がありますが、
おかげで日本でも有数の超難読な地名に…
ちなみに冬の一時期だけ捕れる「間人(たいざ)ガニ」は超高級品です。


※2013年の記事です。変更や改装などで、現在とは異なる場合があります。また、男湯・女湯によって設備が異なります。
記述はあくまで筆者の個人的な感想ですので、参考程度にご覧下さい。


>>温泉一覧に戻る
空白スペース

空白スペース

ホームにもどるこのページの一番上へこのサイトについて掲載店募集サイトマップお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー