丹後・但馬の情報サイト。イベント・中古車情報・特売・温泉・求人・お店などの情報満載!!


あしぎぬ温泉
名   称 あしぎぬ温泉
泉   質 ナトリウム・カルシウム・硫酸塩泉(低張性アルカリ性高温泉)
料   金 ■ 大人(中学生以上) 600円
■ 小人(3歳~小学生) 400円
営業時間 朝10時~夜10時(入浴受付は夜9時30分まで)
休館日 毎月第3水曜日 (祝日の場合は営業します)
住   所京都府京丹後市弥栄町木橋548 
お問合せ TEL 0772-65-2000

ここはまず外観で目に付くのが、高い展望塔(?)と、そこから繋がる、長―い渡り廊下。
この塔はガラス張りのエレベーターになっていて、中から見る景色とワクワク感が、入浴前のテンションを上げてくれます。

まず下の入口でチケットを買って、この展望エレベーターで上階に上がり、
高さ26mもの位置にある渡り廊下の長―い通路を通り抜けると、やっと温泉の入口に到着。

あしぎぬ温泉 お湯は「王国の湯」と「卑弥呼の湯」の二つがあり、男女で日替わり。
この日は女性が「卑弥呼の湯」でした。
後から聞いたら「王国の湯」には弥栄町の田園風景が一望できる2段になった広い露天風呂があるそうで、
ちょうど雪の降り積もったこの日は、絶景だったらしい。ちょっと、いや、かなーーーり悔しい気分。

とはいえ雪の露天風呂は女風呂でも充分堪能。必死に雪にお湯をかけて溶かす子供の姿も、お約束。
あたたかいお風呂と、顔の当たるひんやり冷たい冬の空気、そして湯けむりの向こうの雪景色・・・

冬の露天風呂の黄金アイテム揃い踏みです。ああ幸せ♪

そして洗い場には、ケロリンの桶♪ これも最近なかなかお目にかかれないアイテムです♪



この日は箱むし故障中で、サウナにチャレンジ。3分でギブの私を尻目に、10分たっても出てこない8歳の娘。
見知らぬオバちゃんと、テレビを見ながら談笑している。
ほら、外には虹色に下からライトアップされたお風呂があるでー、ほらほら、滝も見えるでー・・・と
何とか外に誘い出してみるものの、なかなか出てこない。
やっと出てきたと思いきや、すぐ戻る。どうやらCMの間だけ出てきたらしい・・・。
私より温泉向き体質かも。

やっと上がった娘は、今度は更衣室でドライヤーのあるドレッサーの前から離れない。
何かと思ったら、化粧水やらのサンプルがいっぱいあって、興味津々。全部試して感想を聞かせてくれました。



帰りはまた長―い廊下を抜けて、地上へ。
下にはお土産物等の他に、野菜などもたくさんあって、結構な人の数でした。

 

※2011年の記事です。変更や改装などで、現在とは異なる場合があります。また、男湯・女湯によって設備が異なります。
記述はあくまで筆者の個人的な感想ですので、参考程度にご覧下さい。


>>温泉一覧に戻る
空白スペース

空白スペース

ホームにもどるこのページの一番上へこのサイトについて掲載店募集サイトマップお問い合わせ運営会社プライバシーポリシー